天文学B 幽霊粒子ニュートリノについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数225
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    電子物理エネルギー運動水素分子力学種類意味保存

    代表キーワード

    天文学

    資料紹介

    ニュートリノについて簡単にまとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「天文学Bレポート」
    副題:幽霊粒子と呼ばれるニュートリノについて
    生まれてこのかた、お化けと買う幽霊とかいう存在には残念ながらお目にかかったことがない。でも、子供の時にお化けを見たことがあるという人にはあったことがある。夜半に現れたソレは、二本足で男の姿をしていたそうだ。私自身はまた一度も見たことがないためもあり、幽霊の類をあまり信じられないでいるのだが、一方では、お化けがいたら不思議なことが増えて楽しそうなので、心の隅にはいてほしいという気持ちが残っている。
    ところで、幽霊がいたとして、その物理的特徴は何かといえば、ズバリ、壁抜けができることではないだろうか。西洋の幽霊の場合は、エクトプラズム(心霊主義で用いられる、霊能者などが、「霊の姿を物質化、視覚化させたりする際に関与するとされる半物質、または、ある種のエネルギー状態のもの」を指す。ノーベル生理学・医学賞を受賞したシャルル・ロベール・リシェが発見した。(注;ここで定義されている「半物質」とは、現実の物質と、霊的存在の構成要素の中間というニュアンスに近く、物理学のカテゴリーの用語とは、関係ない。 また、「エネルギー」も、科学的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。