佛教大学 S0104 教育方法学レポート 第2設題「現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はそのようにあるべきか。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数723
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0104 教育方法学レポート 第2設題「現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はそのようにあるべきか。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はそのようにあるべきか。」
     現代の社会は「情報社会」とも、「生涯学習社会」ともいわれ、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会に比べても格段と広がっている。学校だけが教育の場ではなく、学ぼうと思えば、通信教育や放送大学はもとより、マスコミ・出版などからの情報を媒体として、いつからでも、どこにいても学ぶことができる。
     このような社会の中の基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連を考察するにあたり、まず基礎基本の学力とは何か。基礎基本の学力は、主に4つの学力に分けられる。
    基礎的な学力A:「読み、書き、計算」といった学力であって、教科等の学習の基礎となるものである。そして、この学力は、学校教育ばかりではなく、子どもたちの将来の社会生活(仕事、日常生活、余暇等)の基礎となるものである。
    基礎的な学力B:学習指導要領で明示されている目標と内容に基づく教育等の学力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。