佛教大学 S0104 教育方法学レポート 第1設題「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体性な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,046
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0104 教育方法学レポート 第1設題「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体性な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体性な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」
     現在、教育改革の推進の中で、教育方法の改革は、根本的なものとなり、従来の知識伝達を重視した授業から児童生徒の主体的な学習を重視する授業へと変化しつつある。様々なネットワークの普及が従来にない速さで進展している。このような時代だからこそ、教育の本質について、社会の本質、人間の本質の側から考えていくことが大切である。
     従来の授業の設計と評価は、知識伝達を重視していた。
    それに対して、近頃では、授業の設計と評価は児童生徒の主体的な学習を重視している。従来とは異なり、現代は情報通信技術が発達しており、国内だけではなく、海外についても学校教育に関する情報があふれていることから、教育方法ならびに技術として固定したものではなく、主体的な学習が重要だと考えられている。まず、この授業の設計や評価が単なる手続きにならないようにするためには、現代の情報技術をどのように活用するのかを考えてみたい。 
     これまでの教師像は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。