【2012年度 リポート】佛教大学 S0612 生活科概論 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数330
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年10月 『生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。』
    第1章:生活科のこれまでのあゆみ
     生活科の誕生は、昭和30年代終わり頃から40年代にかけて、小学校低学年の独立した教科としての社会科や理科のあり方が問題となり、他教科や道徳との関連性や児童の主体性に重点を置くように改善を求める声が上がったことに端を発する。そして、昭和46年の中教審答申では、特に低学年において「これまでの教科の区分にとらわれず、児童の発達段階に即した教育課程について再検討する必要がある」と指摘された。
     昭和50年に入ると、低学年における社会科と理科の内容を中心とした新教科設定の考え方が出されたが、低学年教科の再構成に実際に着手するには至らず、学習指導要領総則にて低学年における合科的指導の充実が強調されるにとどまった。しかし、この実施状況は必ずしも良好とは言えないものであったため、改めて低学年教科の再構成が検討されることとなった。
     昭和50年代後半から60年代初頭にかけてこの検討が精力的に行われた結果、新教科「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。