【2012年度リポート】S0527 学校教育課程論 第1設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数241
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0527 学校教育課程論 2010年度 「教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。」
    教育課程とは、教育内容の組織のことである。教育課程は、教育内容の広範かつ一般的な計画という側面を持つ。カリキュラムの同意後と捉えられることもあるが、カリキュラムのうち、具体的な教育計画を指す。逆に、カリキュラムよりも包括的な概念として用いられることもある。教育課程の概念は一般に、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と解されており、教育課程は、学校の指導のもとに、実際に児童・生徒がもつところの教育的な諸経験、または、諸活動の全体を意味するのである。
     教育課程の今日的課題として多くの課題が挙げられる。
    学習指導要領で「ゆとり教育」が取り入れられ、学校完全週5日制になり、子どもの生活時間に「ゆとり」は増えたが、このゆとりの時間の利用方法により学力が「二極化」してしまうという現状がある。また、1945年から教育内容の変化は、見る・聞く・話す、を中心とした「経験主義」と、読み・書き・計算を中心とした「系統主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。