社会学概論 第2設題 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数288
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:多文化共生社会の現状および問題について述べよ。
     「多文化共生社会」とは、他者の自文化とは異なる文化の承認や尊重によって、複数の民族、複数の文化的背景を持つ人々が、互いに共存することが可能になっている社会の状態のことである。
     現在は、経済の「グローバル化」が進み、人の国際移動も活発化しているので、様々な文化的背景をもつ人々が共生しなくてはならない状況が多く発生しやすい。そういう背景の中では、もちろん政策面での適切な対応が期待されるが、それと同時に、多文化の人々がお互いに尊重し合って共生するために、様々な問題点や課題を検討していく必要がある。多文化共生社会の実現のためには、認知構造の面についても検討が非常に重要となってくる。
    「グローバル化」とは、グローバリセーションとも言われ、地球規模の単一市場化、地球の一体化や単一基準化の傾向の意味で主に用いられるが、近年グローバル化が進むにつれて、経済面・文化面・社会面での「グローバル化」の在り方が問われはじめている。
    国際化やグローバル化が進む現代社会にとって、異なる文化を背景に持つ人々が、社会の中で共生していくためには、なによりも異文化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。