教育相談の研究 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数167
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設問:学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    第1章 学校カウンセリングの意義
    子供は、学校に規定の登校時間に登校し、準備を整え、授業前に着席し、授業を受ける姿勢を取り、授業に意欲的に取り組み、教師との対話を取りながら学習を進め、休み時間や行事、授業等を通じて集団活動を営み、協調性を養う活動を1年単位のサイクルで繰り返し成長していくものであり、活動の枠に入れない子供は少数で、その理由も明確なことが多く、教師により解決が図られる場合が多かった。しかし現在の状況は、大幅な社会構造の変化によって、一昔前と比べ社会・大人・子供も変質し、従来の考えが通用せず、教育現場においてもそれが顕著になった。前述した子供が席について授業を受ける、学校に登校すると言った当たり前に行われてきたことができない状況が多発し、その事態の背景も多様化し、専門的な知識がなければそれぞれの状況に対応できないような場面も見受けられるようになった。従来、教育の場における教育問題は教師が教育相談として担ってきたが、最近は多様化した子供に対応し、学校におけるカウンセリングが注目されるようになった。教師に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。