浮腫

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数2,450
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織障害治療合併原因特徴液体栄養看護浮腫症状

    代表キーワード

    看護浮腫

    資料紹介

    <浮腫とは>
    血液と組織液との体液交流が障害されて体内の水分代謝が乱れ、組織間液が異常に増加した
    状態をいう。
    ★浮腫は一般的に皮下浮腫を指すが、
    ★特殊型として腹腔内にたまるものを腹水、
    ★胸腔内にたまるものを胸水という。

    原因によって現れ方はさまざまである。
    それぞれの特徴を踏まえて浮腫の軽減を図り、身体的苦痛を緩和し、二次的合併症を起こさないよう援助する必要。

    <発症のメカニズム>
    <浮腫の原因・病態>
    <浮腫の随伴症状・成り行き>
    <検査・判断基準>
    <治療>
    <看護>
    を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    浮腫
    <浮腫とは>
    血液と組織液との体液交流が障害されて体内の水分代謝が乱れ、組織間液が異常に増加した
    状態をいう。
    ★浮腫は一般的に皮下浮腫を指すが、
    ★特殊型として腹腔内にたまるものを腹水、
    ★胸腔内にたまるものを胸水という。
    原因によって現れ方はさまざまである。
    それぞれの特徴を踏まえて浮腫の軽減を図り、身体的苦痛を緩和し、二次的合併症を起こさないよう援助する必要。
    <発症のメカニズム>
    局所性浮腫とナトリウム蓄積に基づく全身性浮腫に分けられ、どちらか一方あるいは両者のメカニズムの合併により生じる、
    1、局所性浮腫
      細胞に必要な水および酸素などは、末梢の毛細血管の内外で交換される、この交換のバランスが破綻をきたすと組織間液か貯留し浮腫をきたす。
     
    1)静水圧の変化に伴う浮腫
      うっ血性心不全の右心不全時には、全身の静脈から心臓への血流が塞き止められてしまうために直管内静脈圧が上昇する。
    それにより毛細血管から組織間へ水が押し出され浮腫が生じる。
     また、末梢の血管がつまったり、外から圧迫されて血管が押しつぶされることにより血管内静水圧が上昇をきたし、血管内の液体成分が血管..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。