教育カウンセリング論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数140
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まずから述べるカウンセリングとは直訳をするとcounseling「相談する」だ。専門的知識を得たカウンセラーが、クライアントに相談を受け、悩みを解決するときに行う援護的手段のことである。言葉を用いてクライアントに思考、行動、感情の変容をもたらしたり、または言葉を用いない非言語コミュニケーションで行う場合もある。
    カウンセリングは様々な分野で行われているが、ここでは学校教育におけるカウンセリングについて述べる。
    学校におけるカウンセリングの必要性は大きく5つある。1つは教育の目的の変化だ。かつて教育は勉強と思われていたが、現在では教化的側面だけではなく、人間形成の範囲まで教育目的が拡大されている。学問分野以外に、生徒の生活に係わる分野全体に着眼点を置いた考えである。次に現代社会の欠陥が挙げられる。現代は科学の発展が速く、それ故に物質的にも豊かになっている。しかし、便利な世の中は子供たちの生活に困難をもたらす矛盾を生んだ。モノが多様化していくと、おのずとそれに対する理解や判断が求められる。だが、多様化は理解や判断の基準となる情報の複雑化を起こす。現代ではスピードと複雑さへの対応が求められる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。