教育の方法・技術論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数278
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    授業とは授業の形態によって様々な効果をあげる。それ故に教師の授業形態の選択が与えられた環境に適していなければならない。授業形態は長所と短所があり、どの条件下でも万能に適するものはない。つまりは、与えられた環境に適した形態を選ぶ事が生徒に良い授業を提供する第一歩である。この観点から様々な授業形態の長所や短所などを挙げながら授業形態の変遷と多様化について論じることとする。
    教育を行う上で授業形態は個別学習、集団学習、一斉学習の三つに分類できる。一斉授業が始まったのは19世紀ころである。当時のヨーロッパは一斉授業という形態はとってはいたものの、生徒たちはそれぞれ別の内容を学習し、もちろん同じ教材も使用しておらず、教師が個々の生徒に違う内容を教えるものであった。その後、コメニウスが一時に同じ内容を学習することの有効性を説き、様々な一斉授業の形態を提唱する者が現れた。その一つがドルトン・プランである。これは学習に興味と課題意識を持たせることで効果的に学習を進めるものである。子供たちに課題表を持たせ一定期間に自由に学習する内容で、このプランの長所は個人差に応じて学習を最適化するという点である。しか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。