発達と学習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教師学習動機生徒評価能力自分原因変化計画

    代表キーワード

    発達と学習

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1内発的動機づけの重要性について
    動機づけとは基本的に二つに分かれる。それは内発的動機づけと外発的動機づけである。まずは、内発的動機づけとは何か説明をする。これは目標を達成するための行動が成功体験からの喜び、満足、または勉強などに没頭する感覚を得るための動機づけである。内発的動機づけとは反対に外発的動機づけとは、報酬や罰といった外的規制のほかに、罪悪感や恥をかきたくないという心理状態によるものである。これら二つの動機の関係性は流動的に変化する事が重要だ。例えば、内発的動機づけが外発的動機づけに移り変わったり、逆に外発的動機づけが内発的動機づけに変わったりする。内発的動機づけは、教師が生徒に対して必要以上に外的な報酬を与えた場合、生徒の内発的動機づけを低下させる。また、外発的動機づけは、生徒に内発的動機づけの要因になる興味・関心・賛美などを用いアプローチすることで内発的動機づけへとシフトする。つまりは、教師の生徒へのアプローチ方法によって動機づけが変化するということである。こういう点で、教師の生徒へのアプローチの影響は大きい。
     この内発的動機づけの重要性は生徒の学習の継続にある。外発的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。