試験解答例 「安全限界と有効限界の説明とトレーニングの原則」と「随意筋と不随意筋の具体例」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数691
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    トレーニングの世界では安全限界と有効限界というものがあり、健康増進や体力を増やすためにトレーニングをする場合、それぞれの目的とする効果がないと意味がないし、逆に過度な運動をすると身体を壊してしまう危険性がある。
     この様にこれ以上のトレーニングは危険であるという運動強度や、運動量の限界を安全限界といい、これ以下の運動強度では目的とする効果を得られない限界を有効限界といい、年齢や運動経験により、変わってくるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    トレーニングの世界では安全限界と有効限界というものがあり、健康増進や体力を増やすためにトレーニングをする場合、それぞれの目的とする効果がないと意味がないし、逆に過度な運動をすると身体を壊してしまう危険性がある。
     この様にこれ以上のトレーニングは危険であるという運動強度や、運動量の限界を安全限界といい、これ以下の運動強度では目的とする効果を得られない限界を有効限界といい、年齢や運動経験により、変わってくるのである。
     健康状態がよく、定期的に運動をしている人は、安全限界、有効限界ともに高く運動強度や運動の量は自由度が高い。しかし、このような条件に劣る人は両方の限界が低いので運動をしてよい強度や運動量の設定が普通であっても、全てが危険になってしまうので注意するべきである。
     また有効限界よりも安全限界が低くなっている場合は全ての運動が危険となり、運動自体ができなくなってしまうが、病気などで運動出来ないような人以外は、基本、安全限界が有効限界を上回っているので、適度な運動は問題ないのである。
     健康の維持や増進を目的としたトレーニング方法としては、安全であり、効果が高いこと、そして楽しく簡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。