試験解答例「メタボリックシンドロームの運動療法と食事療法」と「ダイエットの成功方法と留意点」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数397
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    メタボリックシンドロームとは悪い食習慣と運動不足が原因で内臓に脂肪がたまり、高血圧や脂質異常症、高血糖などを起こす病能であり、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまい、命を縮めてしまう、または死に至ってしまうのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メタボリックシンドロームとは悪い食習慣と運動不足が原因で内臓に脂肪がたまり、高血圧や脂質異常症、高血糖などを起こす病能であり、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまい、命を縮めてしまう、または死に至ってしまうのである。
     このメタボリックシンドロームにならないため、またはなってしまった時には運動療法、食事療法で予防や改善が出来るのである。これを簡単に言ってしまえば、ダイエットをして内臓脂肪を一定以上に増えないように保つことが大切である。
    どうすれば体重は減るかというと「摂取エネルギー」より「消費エネルギー」が多い生活を続けていく事ができれば、自然に減っていく。そして、このメタボリックシンドロームにおいて最も効果的な運動療法は有酸素性運動である。
     その例として、ジョギングや水泳などもあるが、そんな時間がない人には、通勤などにもお手軽にできるウォーキングがある。
     やり方としては、1日30分以上を目標にして、一万歩以上、さらには正しい姿勢を保つ事。もし、時間に余裕がない人には一駅前から歩く、なるべく階段を使い、空いた時間には、ストレッチやウォーキングをする。
     このよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。