試験解答例 「お酒および喫煙に起因する健康障害について説明しなさい」と「筋肉収縮のメカニズムと優秀なスポーツ選手の筋線維」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数808
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    アルコールは適度の量においては、百薬の長と呼ばれストレス解消や食欲が増えたり善玉菌が増え、動脈硬化の予防にもなる。
     しかし、適度の量以上に飲んでしまうと肝臓病などの生活習慣病の原因となり肝臓疾患消化器や心管系の障害が出たり、さらには脳卒中などの脳疾患の危険もある。
     さらに、飲酒で怖いのは長期にわたり大量の飲酒をしたことで、アルコール依存症に陥ってしまい、精神疾患になってしまう恐れがある。
     この依存症になってしまうと、上記の疾患だけではなく神経や

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    お酒および喫煙に起因する健康障害について説明しなさい。
    アルコールは適度の量においては、百薬の長と呼ばれストレス解消や食欲が増えたり善玉菌が増え、動脈硬化の予防にもなる。
     しかし、適度の量以上に飲んでしまうと肝臓病などの生活習慣病の原因となり肝臓疾患消化器や心管系の障害が出たり、さらには脳卒中などの脳疾患の危険もある。
     さらに、飲酒で怖いのは長期にわたり大量の飲酒をしたことで、アルコール依存症に陥ってしまい、精神疾患になってしまう恐れがある。
     この依存症になってしまうと、上記の疾患だけではなく神経や心臓、筋肉などに影響が出て、ガンになる可能性も高くなり命を縮めることになってしまう。他にもホルモンや生殖器にも異常をきたし他人に対しても攻撃的になったり、自分を責めたり不安に駆られたりすることもあり、幻想症状も出てしまうのである。
     この様にアルコール依存症は肉体的にも精神的にも悪影響が出るので飲みすぎは危険である。
     妊娠中の人は例え少量であっても、胎児の発達を妨げてしまい早産や低体重児出産の危険性が強まり、授乳中に母が飲んでいたらアルコールが乳から出てしまうので、結果的に新生児にア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。