二つの焦点から見た死刑制度

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数939
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    死刑制度は様々な切り口の論点から考察することは可能だが、その中でも有力だと思われる論点を廃止論、存置論側から各々抽出して考察していきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「2つの焦点から見る死刑制度」
     以前から長い間、日本において死刑制度を存続させるか廃止するかについての議論がされ続けてきた。存置派、廃止派両者ともいくつかの意見を持っており、どちらも引かない様子だ。死刑制度は我々、一般人にも深く関わる制度であることに間違いないので軽視することはできない。死刑を存続するにせよ廃止するにせよ、大多数の人々が納得のいく結果に終わって欲しい。一番期待されるのは存置派、廃止派の両者の意見をうまく取り入れた代替刑を設置することだと私は考えている。そこで実際に日本に死刑制度は必要なのかを以下のプロセスで考えてみたいと思う。死刑制度存置、廃止の両者の意見を一つずつ比較検討していくのが最も良い方法であることに間違いはないと思うが、何分そんな時間はないし、弱い論点や抽象的な論点とかだといくつでも反論ができ水掛け論になってしまうため、死刑存廃論点の中から1つずつ最も有力だと思われる論点を選び出し、その上で二つを検証して行こうかと思う。そこで私は最終的に反論しがたく、内容としても申し分ないと思った論点として、存置論からは「被害者の報復感情の問題」を、廃止論からは「冤罪の可能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。