571教育相談研究_2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    □課題
    1,いじめの相談活動のあり方について論述せよ
    2,非行の相談活動について論述せよ

    □評価
    1,課題の意図を踏まえて論述しています
    2,ポイントを的確に把握して論述しています


    ※最もシンプルで大抵のパソコンで開けるテキストデータで提供いたします。
    メモ帳を開いたら 書式→右端で折り返す を選択することによって全体を見やすくすることができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●●●571教育相談研究 2単位目●●●

    □課題
    1,いじめの相談活動のあり方について論述せよ
    2,非行の相談活動について論述せよ

    □評価
    1,課題の意図を踏まえて論述しています
    2,ポイントを的確に把握して論述しています


    【1】
     現在のいじめは経済的問題を解決した社会における、児童の自己中心的傾向と中流意識の浸透による教師の権威の低下や、ストレスの過多と集団の形成不備によって複雑化している。さらにはいじめ特有の問題として子ども同士の関係や親との折衝、いじめられた本人のプライドや今後の対応による集団からの孤立など一時的なものと片付けることの出来ない困難さがある。
     非行や不登校は個人の問題として扱えるが、いじめの場合はクラス内での加害者、被害者、観衆、傍観者の四重構造があると言われる。それぞれの具体的な相談活動について考えてみる。
    (1)被害者・加害者に対する相談活動
     いじめの発覚後、ただちに当事者から事情を聞く。教師は断固とした態度で指導し、保護者の不安軽減と様子を把握し共有するために報告する。その際は被害者を善、加害者を悪に分けるような二元..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。