458児童心理学_3単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数135
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    □課題
    1,知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    2,フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。

    □評価
    1,完結にまとめています。
    2,よく記述しています。

    ※最もシンプルで大抵のパソコンで開けるテキストデータで提供いたします。
    メモ帳を開いたら 書式→右端で折り返す を選択することによって全体を見やすくすることができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●●●458児童心理学_3単位目●●●

    □課題
    1,知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    2,フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。

    □評価
    1,完結にまとめています。
    2,よく記述しています。

    【1】
     知能とは、どのような心理的機能によって成り立っているのかは明らかにされていないが、何を知能の中核と考えるかによって「抽象的な思考能力」「学習する能力」「新しい環境に適応する能力」の3つの考え方に分けられるとしている。いずれも完全に独立しているというわけではなく、それぞれの中に大きく重複する部分がある。最近の児童心理学における研究では、知能は環境への適応能力だとする考え方が浸透している。
     ところで乳児期の知的発達は、言語能力・抽象的思考能力に劣ることから「内部的な情報処理の過程としてではなく、感覚と運動の協応により環境に適応していく過程」として特徴付けられる。そしてそれを促進する要因は「積極的な環境との情報交換」である。環境には物理的な事物はもちろん、母親の愛情なども含まれる。
     知能の発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。