458児童心理学_4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数242
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童心理学4単位目のレポート

    □課題
    1,向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    2,自己概念の形成過程について述べなさい。

    □評価
    1,高社会的行動の発達要因とホフマン、マッセンの見解がよくまとめられています。
    2,自己概念の発達過程についてよくまとめられています。

    ※最もシンプルで大抵のパソコンで開けるテキストデータで提供いたします。
    メモ帳を開いたら 書式→右端で折り返す を選択することによって全体を見やすくすることができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●●●458児童心理学 4単位目●●●

    □課題
    1,向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    2,自己概念の形成過程について述べなさい。

    □評価
    1,高社会的行動の発達要因とホフマン、マッセンの見解がよくまとめられています。
    2,自己概念の発達過程についてよくまとめられています。

    【1】
     向社会的行動とは、外的な報酬を期待することなく、他人や他の集団を助けようとしたり、それらの人々のためになることをしようとする援助行動である。向社会的行動の発現には、他社が援助を必要としていることが分かり(気づき)、自分のすべき行動を判断(意思決定)し、手を差し伸べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。