459初等教育原理1_4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数225
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    □課題
    1、学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2,過程教育の現状、問題点について考察せよ。

    □論評
    学校経営の近年の動向や、子どもを取り巻く環境の変化について、よく検証されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●●●●初等教育原理1_4単位目●●●●

    □課題
    1、学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある動向の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2,過程教育の現状、問題点について考察せよ。

    □論評
    学校経営の近年の動向や、子どもを取り巻く環境の変化について、よく検証されています。


    【1】
     学校選択制導入が「選ぶ-選らばれる」という緊張関係を意識的に作りだすことによって、各学校が選択されるために他には無い「特色」を創り出すような努力を促進する動機づけとなり、保護者は従来の指定校制度の場合に見られるような成り行き任せの態度から、否応なく迫られる「選択」という行為を通じて、子どもに対する責任の自覚と教育に対する関心を高めるようになる、として1996年12月、行政改革委員会は「規制緩和の推進に関する意見」を提案した。選択制の制度目的は、市場原理と自己責任の原則を前提に、保護者が学校選択権を行使することで、子どもたちによりよい教育を保障することにある。
    選択制には、もともとあった学校間の階層差をあらわにし、促進する作用があることが窺われる。意識が高い親は「荒れて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。