書物テクスト論 課題「薔薇の名前」の感想@

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数479
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「薔薇の名前」の感想       
         
     ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」を読みました。まず最初に言えることが、とても読みにくかったです。言葉が
    難しいということもありますが、それ以上に、宗教に関する部分の理解が大変でした。それでも何とか読み進めま
    した。この作品には、ウンベルト・エーコの主張が比喩的にかくされて表現されている部分が多いと感じました。そ
    の一つ目は、ホルヘがなぜそれほどアリストテレス詩学第
    2
    部を修道士に読ませようとしなかったかという点で
    す。それは、ウィリアムとアドソの会話の「純粋というものはいつでも私に恐怖を覚えさせる」「純粋さのなかでも何
    が、とりわけ、あなたに恐怖を抱かせるのですか」「性急な点だ」というところに暗示されていると思いました。ホル
    ヘは、他のどの修道士よりも熱していました。言うならば、教えにて純粋で、がきかないで
    す。あまりにも純粋で的であるがゆえに、て読んだし、思想をがすをしよ
    うとしました。もしかしたら、ホルヘがなのは、あまりにも純粋なことはして、になってし
    まうということを暗示しているのではないかと思いました。キリスト教がについてど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。