社会保障論 期末試験 模範解答@

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数313
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    歴史
    戦前は以外にも制度がそろっていて、公的扶助の前身として慈恵的な考えのもと受給規則、社会保険も労務管
    理的なものから第一次国民皆保険を通して充実し、 また、労働移動防止の役割を果たすべく、労働者年金保険
    法が制定されその保険料は戦費調達費として使われた。年金制度は戦前において一応の完成を見た。
    戦後は戦争未亡人や傷病軍人を救うため、また大量引陽者の貧困を救うために社会保障の必要性が叫ばれ

    1946
    年には旧生活保護法ができたがこれは無差別 平等ではなく、日本国憲法制定で生が規定されると
    1950
    年に活保護法ができた。また法と身法ができがそろっ た。
    1960
    年代にと、的から国がされ、また貧差によって社会のひずみもでてくる
    ことになる。そして保、視のでてきたこともありこのころは社会保障が拡
    充した。
    1972
    年には法、
    1973
    年には、国民年金法、年金法がされ、 年金の年、
    とれた。
    しかし
    70
    年をるともなり、進んだことから社会保障のが大きく
    なった。しかしとして保、制が
    70
    後でた。しかし、
    80
    年代にといよいよ
    の必要性がでてきた。きである』
    これは調してをし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。