社会政策  期末試験 2010年 模範解答@

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数318
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会政策期末テスト
    1、日本の労働組合と労使関係の特徴と諸課題について
    2、「限定合理性・機械主義的行動・情報の非対称性」をつかって採用や評価の難しさや工夫すべ
    き点、解決策を論ぜよ
    3、トランスナショナル型の組織モデルの概念を説明し、日系企業の二国籍企業から多国籍企業へ
    の脱却方法、またそれに対する課題を書け
    4、一般訓練と賃金、企業特殊訓練と賃金について図を用いて説明せよ。
    また、企業特殊訓練があることにより年功的処遇、があり、労働がされるこ
    とを説明せよ。
    1、日本の労働組合と労使関係の特徴と諸課題について論ぜよ。
     
    日本の労働組合の特徴は、まず、企業労働組合が多いことである。労働組合は別、産
    業別、企業一般の
    4
    つにされるが、企業働組合とは、
    企業ごとにの員だけを
    組合する組織である。企業合のットは、のにることである。これは同
    時に、のないというでデットにる。そして、
    OECD(
    機構
    )

    よってされる。ちなみに、企業働組合は、
    entese union
    とれるが、
    mpany
    union(
    会社の意のままになる組合の意
    )
    とはのなのでがである。多くれる

    合徴法は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。