現代西洋経済史 石原 全板書@

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数454
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代西洋経済史 全板書
    【イギリス産業革命】18
    c
    後半
    内発的・自生的 社会的分業の発展 技術発展←現場での工夫の積み重ね 機械制工場 大量生産技術 生産力の飛躍的
    上昇 しかし最終消費財生産に及ばず ○金融システム 社会的分業の発展に伴って発達 しかし 銀行は商業銀行(手形
    割引、再割引) 企業は、自己融資 株式会社ではなくパートナーシップ 固定資本は安上がり←リース制
    ○産業組織 流通組織 
    ex
    綿工業 綿花輸入商→卸売仲買人→資材仲買人→紡績企業 生産組織 生産の特マン
    チェスに→生産コストを抑える→流通に ランカシャーでのなニーズにに対
    工場内の経営の分発達 経は生工場人) 内 生産工を特定の
    工にす の ・生産達
    【後発資本国の産業革命】
    イギリスの産業革命を 自生的な社会的分業、、流通組織、組織、力・) 制の残
    的、ギルド制);的権、の自、力)
    ○ンス
    大な(マニュクチャー) 重商
    (
    による産業
    )
     16ーデン(イギリス
    間の自)→マニュチャー、工業に→経済→革命へ ンス革命 特権マニュファャー、ギル
    ド→の自的→的的的
    cf
    イギリス 上
    が的権に 
    (
    )
    の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。