環境経済学期末レポート@

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数279
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    企業の環境報告書を調べて環境会計の利点と欠点について考える

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    環境税や排出量取引が企業や消費者に及ぼす影響について経済モデルを用いて説明しなさい。
      ・
    環境税について
          <図1>最適な環境税
    図1は汚染物質排出企業に環境税
    P*
    が課せられた時の生産量を表す図である。課税していない場合
    Xm
    の生
    産を行うことで、利潤が最大化され、汚染排出量はその生産量によって決定される。最適な環境税の場合は、企
    業は限界外部費用と限界便益曲線が交わるところで生産を行うことになる。このときその企業がX
    *
    以上の生産
    を行うと、限界外部費用が投入した財の原価便益以上になってしまうので、環境税を支払う方が効率的である。
    また
    Xm
    よりも生産が少なければ、限界外部費用より限界便益の方が大きくなるため、課税による生産量は
    Xm
    からX
    *
    へと削減される。その結果として生産量と汚染物質の排出量はするので、課税によって的
    に汚染が減少する。課税以
    MB
    曲線よりにおいて
    C+D
    にする利潤があった。
    もし、そこで環境税がP
    *
    にされると、企業は生産量を
    Xm
    からX
    *
    まで減少させねばなら
    D
    の部
    する利潤をことになる。さらに
    C
    にする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。