経営情報システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数873
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. ポーターによると、競争優位性を生み出すための経営戦略は3つのタイプ(コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略)に分類できるという。これら3つのタイプの経営戦略を、身近な企業の経営戦略の具体例を用いて説明しなさい。

    2. 競争優位を実現するための具体的な情報システムを、POSシステム等教科書で取り上げたもの以外で2つ取り上げ、(1)情報システム導入の目的と(2)競争優位の実現方法を明らかにしなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 ポーターによると、競争優位性を生み出すための経営戦略は3つのタイプ(コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略)に分類できるという。これら3つのタイプの経営戦略を、身近な企業の経営戦略の具体例を用いて説明しなさい。
    企業が市場において競争優位を獲得するための戦略として、ポーターの競争戦略がある。
    競争戦略はコストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略の3つの柱からなり、他社との競争を優位にしていく。
     コストリーダーシップは競合企業よりもコストを低く抑え、コスト面で最優位に立つという戦略である。差別化戦略は、他者の製品に比べ、自社の製品を「差別化」することによって、他社には真似できないユニークな製品を投入することにより競争相手より優位に立つ戦略である。集中戦略は、特定の顧客層、特定の商品、特定の地域など、特定の分野に的を絞って経営資源を集中する戦略である。
     企業の例としてユニクロを挙げる。ユニクロのコストリーダーシップ戦略としては、全ての製品を自分たちの手で企業開発し生産を管理し、流通から販売まで一貫して行うSPAという流通形態をとっており、サプライチェーンを効率化して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。