ベッカーのラベリング理論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数866
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会心理学

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ベッカーのラベリング理論(レイベリング理論)について述べよ。
     ハワード・S・ベッカー(1928~)のラベリング理論は、『アウトサイダーズ』という古典的名著によって展開され、従来の社会学が取り上げてきた逸脱行為とは異なる観点を提供している。従来は、規則に反した人々が問題とされ、どのような社会要因や環境が彼らの逸脱行為を導いたかが重要視されてきた。
     ベッカーによれば、こうした観点は、逸脱が社会によって生み出されるという事実を無視しているという。ベッカーにとって、逸脱とは人間の行為の性質ではなく、社会集団がこれをすれば逸脱となるような規則を設け、それを特定の人々に適用することで、つまりレッテルを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。