★学校教育職入門 科目最終試験 6問セット★

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数739
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育部 2010年
    Z1101ほか 学校教育職入門の試験対策用に、以下の6つの問題と、私が作成したまとめを掲載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佛教大学通信教育部 2010年
    Z1101学校教育職入門(原清治先生)
    試験対策用に、以下の6つの問題と、私が作成したまとめを掲載しています。
    1.「教師の服務規程とは何かについて解説し、教師はその問題にどのように対処すべきかについて述べよ。」
     
    ●服務とは
     「服務」とは、公務員がその勤務に服する場合に遵守すべき諸事項の総体(規則や義務)である。教育公務員である教師も、多くの規則によって定められている。
    ●法規による規定
    ・日本国憲法:すべて公務員は「全体の奉仕者」であって、一部の奉仕者ではない
    ・地方公務員法:国や地方公共団体の「公共の利益」のためにのみ奉仕すべき
    ・教育基本法:法律に定める学校の教員は「全体の奉仕者」であって、自己の使命を自覚し、その職責の遂行に努めなければならない
    ⇒以上より、国公私立にかかわらず、学校教育法に規定されている小、中、高等学校などの教員は、「全体の奉仕者」としての公共的性格が求められている!!
    ●教職員の監督
     法令、条例、規則、教育委員会規則、職務上の上司の命令に忠実に従わなければならない。
    (地教行法)
    ●校内服務規定
     また、勤務時間や休憩..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。