戦後不況から高橋

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数208
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ■戦後恐慌
    1920 株価暴落をきっかけに戦後恐慌
    大量の不良債権が発生
    商社・銀行は決済不能な手形を抱え、経営危機

    政府による救済政策
    不良経営の企業や銀行が生き延び、産業合理化が進まず
    物価高による国際収支悪化

    ■震災恐慌
    1923 関東大震災が経済に打撃 震災恐慌が発生

    蔵相井上準之助(山本権兵衛内閣)
    ・支払猶予令(モラトリアム)
    ・震災手形の政府による再割引(=震災手形割引損失補償令)=
    決済不能な手形を日銀が肩代わりし、その日銀の損失額を1億円まで政府が補償すること。

    三重苦 高金利、高賃金、高物価
    利潤圧縮の状態 高コスト構造(労働コストの上昇)
    産業の国際競争力を失う。ヨーロッパの復興にともない入超
    新興の重化学工業が不況に

    貿易収支は赤字

    ■金融恐慌 1927
    発端は片岡蔵相の失言。
    中小銀行への取り付け騒ぎ、銀行休業

    その次に最大級の貿易商社、鈴木商店の倒産
    融資していた台湾銀行の休業
    数多くの都市中堅銀行が破綻

    高橋是清が大蔵大臣に起用される
    3週間のモラトリアム(支払猶予)と日銀..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。