まずは基本

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数174
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ・殖産興業 
    富国強兵政策の基礎。多くの事業を官営化したがその後軍事・鉄道・通信以外を民間に払い下げ。 
    赤字をたくさんうみだしたが技術水準は向上した。 
    ・地租改正 
    政府の土地・税制度改革。地価の3%を地租としたが、一揆がおこり明治10年に2,5%に軽減。 

    ・松方財政政策 
    松方正義の国家財政確率政策。兌換制度、日銀創設、デフレ政策などなど。 

    ・金本位制 
    通貨と金の兌換、金の輸出を認める制度。ただし明治初期は事実上銀本位制。 

    ・工場法 
    初の労働保護法。12歳未満の就労禁止、女子・年少者の深夜労働禁止、12間労働制など。 
    その後改正された。今の労働基準法の前進。 
     
     

    大正
    恐慌があったけど、特筆すべきものは見当たらないです。期間が短いからしゃーないね。 
     
    昭和
    ・金解禁 
    当時インフレ傾向が強く為替相場も暴落したため、浜口雄幸が金兌換を解禁。 
    しかし、それが世界恐慌をより深刻化させた。 
    その後の犬養内角が金本位制を停止、金輸出を禁止した。 
    以降、管理通貨..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。