2日本の産業革命期

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数693
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    やってきたよ!日本の産業革命期

    日本の本源的蓄積は、地租改正から松方デフレに至る間に集中的に行われた。
    殖産興業政策の一環として政府主導の下、機械制生産が移植され、多くの事業が官営化。その後、軍事・鉄道・通信以外を民間産業に払い下げることで広く普及した。
    たくさんの赤字を生み出したが技術水準は向上した。

    産業革命とは?
    農業社会から工業社会への人類史の一大転換期
    道具による生産から、機械による大量生産へ

    前機械生産・・・労働の熟練度が不可欠 高賃金が利潤率を低下させる
    機械の利用に基づく大量生産・・・不熟練労働者を安価で使うことが可能に!


    始期)松方デフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。