1920経済史

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数271
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    平成不況・・いつになったら終わるのかわからないが、よく宮沢喜一(前蔵相)と高橋是清が比較されていた。
    では、高橋是清が登場する時代・・1920年代の不況とはどういうものだったのか。

    1914年〜18年
    第1次世界大戦 この時期、戦火の拡大していく欧州に対し、日本経済は軍需産業を中心とした大規模な資本投資を図った。いわゆる大戦景気である。
    1904年の日露戦争後、国際収支の急激な悪化で、危機的状況にあった経済にとってこの大戦は、大きなチャンスであったわけだ。
    いわゆる「船成金」が現れることに象徴されるように、造船業など大きく飛躍した。
    大戦中に、日本が対華21か条要求を突きつけた理由の一つに、この拡大していく経済の資本投下先として、当時併合していた朝鮮に加え、満州(ひいては本土中国)への利権拡大があった。
    そして、1919年には農業生産額を工業生産額が上回る、つまり「工業国」へと成長を遂げたのである。
    1921年
    ワシントン体制 大戦期の軍需中心の過剰な資本投下は、大戦が終われば当然の如く無駄なものとなる。
    一気に経済は冷え込み、「戦後不況」へと突入する。

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。