10高度経済成長

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数197
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )


    ・所得倍増計画
    池田内角と下村治が推進。計画最終年には岩戸景気の影響もあり国民所得が2倍になった。
    ところがインフレ、公害、インフラ不足などの新たな問題も浮かび上がってきた。 

    ・GATT11条国へ
    昭和30年代の高度成長により日本は中進国レベルまで国力がアップ。
    それにともないIMFが「日本が国際収支を理由に為替制限を続ける必要はない」と判断、
    昭和39年に為替制限のできないIMF8条国へ移行することを決定。
    IMFの決定を受け、GATTでも12条国から11条国への移行が決定した。
    11条国とは「国際収支上の理由で輸入制限できない国」というもの。 
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。