西洋経済史

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    西洋経済史をまとめています。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     ☆第一次世界大戦は、英、独をそれぞれの中心とする帝国主義陣営による植民地争奪を主な争点として勃発した。
    当時、バルカン半島は、ヨーロッパ列強の利害を背景とする民族的対立が激しかった。勢力を伸ばしていたセルビアとそれに反発するオーストリアとの関係が悪化していた。そんな中バルカン戦争は起こり、オーストリア皇太子がセルビア人によって暗殺されるというサラエボ事件を口火にヨーロッパ戦争を経て、さらにロシア革命、アメリカの参戦を通じて世界大戦へと発展してゆく。
    1890年代以来のドイツ製品のイギリス帝国への侵入、バグダード鉄道建設をめぐる英独対立、ドイツによる植民地再分割の要求などの原因があいまって、英独戦争は不可避であった。戦争が長期化すると、参戦各国は経済・社会に対して国家の統制を強める総戦力体制をとり、植民地からも兵員や物資を動員して世界各地を戦争に巻き込んだ。
     
    アメリカ大統領のウィルソンは、「14か条の原則」を発表して、新しい国際平和秩序の構想を示した。1919年のパリ講和会議は、これが基礎になったが、戦勝国側が自国の利益や植民地体制の維持を優先し、ドイツをはじめとする敗戦国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。