<明星大学通信教育部>571教育相談研究2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数96
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題1 いじめの相談活動の在り方について論述せよ。
    課題2 非行の相談活動について論述せよ。

    講評1 課題の意図を踏まえて論述しています。
    講評2 課題の意図は踏まえていますがやや論述が不足しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 いじめの相談活動の在り方について論述せよ。
    課題2 非行の相談活動について論述せよ。
    講評1 課題の意図を踏まえて論述しています。
    講評2 課題の意図は踏まえていますがやや論述が不足しています。
    1 いじめが社会問題と化したのは、1980年に入ってからのことである。それまでは校内暴力の方が学校としては問題になっていた。それを学校側が管理強化することによって押さえ込まれていった結果、内攻化して現れたものが「いじめ」である。いじめが現れてきたのはさまざまな要因があると思われるが、特に時代の変化によっていじめは表面化してきたのであると考える。1960年前後から始まった高度経済成長が子どもの成長と発達をめぐる環境を大きく変化させた。学校は産業構造の多様化に見合った人材を養成する役割を担わされることになり、序列化されるようになった。また家庭環境も変わり、交通量が増えることによって遊び場が消滅し、家電製品の普及により子どもは家庭内での労働力としての役割がなくなり、それに取って代わって塾やお稽古に行くようになったことで、子どもたちのストレスの発散の場が失われていった。遊びが少ないため、対人関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。