<明星大学通信教育部>454教育課程論4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数328
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問1 カリキュラム(教育課程)の評価について、他の教育評価、特に授業評価と学力評価に関連し、その意味や意義、課題及び留意点などについてまとめなさい。
    問2 現代の学校教育がもつ複数の課題について、今後のカリキュラム改革と教育経営に関連して論じなさい。

    講評 カリキュラムの評価と学校教育の課題が多面的に考察されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問1 カリキュラム(教育課程)の評価について、他の教育評価、特に授業評価と学力評価に関連し、その意味や意義、課題及び留意点などについてまとめなさい。
    問2 現代の学校教育がもつ複数の課題について、今後のカリキュラム改革と教育経営に関連して論じなさい。
    講評 カリキュラムの評価と学校教育の課題が多面的に考察されています。
    1 カリキュラム評価は、教育課程が目指している教育目標がどのくらい実現されるのかを知ることや教育課程の評価をもとに更なる改善を図っていく、といった繰り返されるべき一連の作業が教育を実践する教師ひとりひとりの授業力向上のためにその意義がある。学習指導要領はあくまで手引書であり、実践する教師ひとりひとりが授業にどう生かし、検討し、評価し、改善することが求められている。カリキュラム評価は、教育目標を達成するための体系的な計画、そしてこの計画を実践し、さらに評価することを併せ持った営みである。
     カリキュラム評価とは学力評価、授業評価と密接に関連している。
     学力評価とは、規定された「学力」を評価基準として子どもたちがどの程度到達しているかを明らかにし、その実態分析によって授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。