<明星大学通信教育部>754初等国語科教育法1単位目

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数406
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問 第5学年に、文章表現の技能を習得させるうえで必要なことを、自ら「文章」を書き、かつ、以下について論述する。
    講評 a 多様に c 共生では抽象的。自分なりに言いたいことを具体的に
    3 概説的になっている。具体的にわかりやすい文章とすること。
    ・・・という講評を頂きましたが、どうにか合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2 a 取材メモ: ベッドタウン・新興住宅地・建築ラッシュ・おしゃれな店・農地・豊年祭り・高齢化・後継者・荒地・介護施設・貸農園・家族・交流
    b 町の特色の整理:ベッドタウンであるが、もともとは農業を中心としてきた町である。c 世代間のギャップあはるが、それぞれの工夫で協力し、共生していく可能性のある町d ①地理的条件:交通機関があること・ベッドタウンであること・駅前の様子・建築ラッシュであること②不足している施設がまだあること③古くから農業を営んできた人たちは伝統を守って生きていること④農村部では高齢化が進み、農業の後継者がいないこと。⑤農村部では荒地を貸農園とし始めたこと。⑥生きがいや趣味で貸農園を借りる人が増え始めたこと。⑦新しく町に来た人と元々農業をやっていた人たちの間交流が始まったことに。e 中心地に通勤する人たちの様子を書いた後、農業を営む人たちの様子を対比させながら、そこにある世代間のギャップを伝え、双方が共生していく道を探りつつあることを知らせる文とする。
    3「私の住んでいる町」私の住んでいる町は中心地に近いベッドタウンである。市そのものにはそれほど産業がなく雇用もあま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。