<明星大学通信教育部>458児童心理学4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数263
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題1 向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    課題2 自己概念の形成過程について述べなさい。

    講評 どちらも要点をおさえ,よくまとめられています。これからもがんばってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    課題2 自己概念の形成過程について述べなさい。
    講評 どちらも要点をおさえ,よくまとめられています。これからもがんばってください。
    1 向社会的行動とは反社会的行動と相対する言葉であり,「外的な報酬を期待することなく、他人や他集団を助けようとし、こうした人々のためになることをしようとする行為」のことであり、対人的なつながりを一層強め,積極的に求める特徴がある。例えば老人や赤ちゃんを抱いて立っている女性に席を譲ったりすることである。  向社会的行動は例に挙げた「小さな親切行動」,「社会的弱者への援助行動」,「迷子・遺失者への援助行動」,「努力を必要とする援助行動」,「緊急事態での援助行動」,「分与行動」,「寄与・奉仕活動」などが代表的行動である。向社会行動が実行に移される場合は,「共感」から「役割取得」を経て,「向社会行動」へと導かれる。具体的には、「困っている人を見ると,とても気の毒になってしまい,ついつい何かしてあげたくなってしまう気持ち」(共感)から、「その困っている人の立場で物事を考え」(役割取得)、「その状況で行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。