<明星大学通信教育部>458児童心理学1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数556
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題1 横断的方法・縦断的方法,発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    講評 それぞれの研究法について的確によくまとまっています。
    課題2
    愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。
    講評 愛着の形成とその意義についてよくまとまっています。愛着の形成要因についてはカイアンズの実験も重要です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1 横断的方法・縦断的方法,発達研究法としての事例研究法について説明しなさい。
    講評 それぞれの研究法について的確によくまとまっています。
    課題2
    愛着(アタッチメント)の形成とその発達的意義について述べなさい。
    講評 愛着の形成とその意義についてよくまとまっています。愛着の形成要因についてはカイアンズの実験も重要です。
    1 児童心理学では,子どもの年齢の増加に伴う発達的変化を追跡し、その一般的傾向や発達にかかわる変数および機能的連関を明らかにしようとするとき、縦断的方法・横断的方法が用いられる。  
    横断的方法とは同時期にいくつかの年齢集団を被験者として実験を行い,その結果を比較することで発達的な変化を明らかにしようとする研究方法である。この方法はサンプリングが比較的容易であり、短期間に経費をあまりかけないで必要な範囲の標準的な資料を収集することができる利点がある一方、異年齢集団の代表値の比較しかできないのが難点である。  縦断的方法とは発達的推移を詳細に検討するため,ある特定の集団を被験者として決め,その集団に様々な時期に繰り返し実験を行い,結果を比較する方法である。「同一の子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。