<明星大学通信教育部>459教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数232
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題1 学校経営について近年の動向のうち,自分の関心のある動向の要点をまとめ,見解を述べよ。
    問題2 家庭教育の現状,問題点について考察せよ。
    講評 学校経営の近年の動向や子どもを取り巻く環境の変化について事例をふまえて良く検証されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題1 学校経営について近年の動向のうち,自分の関心のある動向の要点をまとめ,見解を述べよ。
    問題2 家庭教育の現状,問題点について考察せよ。
    講評 学校経営の近年の動向や子どもを取り巻く環境の変化について事例をふまえて良く検証されています。
    1 学校経営とはそれぞれの学校において,学校教育目標の効果的な達成を目指し,必要の諸条件を整備して意思決定を図って実現していく,その教育活動を計画的に持続的に改善する創意的な機能を指している。
     近年,学校に関する動向として,「学校選択制」が挙げられる。各学校が独自のメニューを作り出し,それを特色として「選ぶ,選ばれる」関係と作り出し,学校がより自分の学校を良くしようと切磋琢磨させるという目論見である。つまり選択制は市場原理と自己責任の原則を前提に保護者が学校を選択し,子どもたちによりよい教育を保障することにあるという意図であった。
     しかし,この意図が必ずしも思惑通り実践されているというかというと,事態はそうではない。荒川区教委の調査では,「教育の特色」による学校選択の理由は4位と学校選択制度の導入の思惑と実際の保護者の選択は食い違っているよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。