<明星大学通信教育部>631体育科教育Ⅰ2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数282
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 小学校教員免許取得のための体育科教育Ⅰの2単位目です。
    問題 
    小学校体育科の学力および評価の観点について考察せよ。また,「指導と評価の一体化」について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題 
    小学校体育科の学力および評価の観点について考察せよ。また,「指導と評価の一体化」について考察せよ。
    講評
     各評価の観点をどう形成的評価するか明らかにすること。
    学習指導要領において小学校体育科で求められる「学力」とは、一つは、児童が自ら進んで運動に親しむ習慣を身に付け、自発的に運動する力であり、もう一つは、生涯にわたるスポーツ生活の基礎を習得し、自らの生活を見直しながら、課題を見つけ健康な生活習慣を身に付けていく力であると考える。さらに、それは知識としての理解にとどまるのではなく、生涯を通じて運動を日常生活の中に積極的に取り入れ、生活の重要な一部とすることができることを目指している。つまり、体を動かすことが身体能力を身につけるとともに、情緒面や知的な発達を促し、集団的活動や身体表現などを通じて、コミュニケーション能力を育成することや、筋道を立てて練習や作戦を考え、改善の方法などを互いに話し合う活動などを通じて、論理的思考を育む事にも資するということである。これを踏まえ、それぞれの運動が有する特性や魅力に応じて、基礎的な身体能力や知識を身につけ、生涯にわたって運動に親しむ資質や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。