企業と知的財産信託構造

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数260
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『企業と知的財産信託 構造』
                      
    目次
    Ⅰ はじめに
    Ⅱ 知的財産信託の基礎構造・利点
    Ⅱ-Ⅰ 信託の基礎構造
    Ⅱ-Ⅱ 知的財産権の特長と知的財産権の利点
    Ⅲ 知的財産信託の活用が見込まれる3つの場面
    Ⅲ-Ⅰ 企業と知的財産信託
    Ⅲ-Ⅱ 大学と知的財産信託
    Ⅲ-Ⅲ コンテンツ業界と知財信託
    Ⅳ 企業(グループ会社)における知的財産信託
    Ⅳ-Ⅰ グループ会社における知的財産権の集約管理・活用
    Ⅳ-Ⅱ グループ会社における知的財産信託の集約管理と活用の現状
    Ⅴグループ会社における知的財産信託の集約管理と活用における、法的問題点
    Ⅰ はじめに
    2004年12月、政府の推進する「知的財産立国」 にむけた政策の一環として、信託業法が全面的に改正にされた。これによって、これまでの経緯 からすると画期的なことに信託業務への参入が緩和され、さらに、信託銀行、信託会社による知的財産権の受託が可能となったのである。これは、信託制度のあり方そのものが、信託業法の制定された大正11年とは大きく変わり、信託が、本来の持ち味である、フレキシブルな対応を行うことが出来ず、時代のニー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。