精神保健福祉援助演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数199
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の精神医療は、長期にわたる入院中心の歴史を持っている。その歴史の中で、退院したくても退院できない、退院させてもらえない状況が続いた。また、退院させたくても退院させられない状況もあった。
    では、なぜこのような社会的入院問題が解決されずに、今日まで至ったのかはいくつかの要因がある。
     まずは制度的要因である。日本の精神保健医療福祉施策については、明治33年に精神病者監護法が制定されたが、私宅監置を容認していたため医療保健の面では極めて不十分であった。その後、昭和25年の精神衛生法の制定により精神科病院への入院を中心とした処遇が進められたことで、入院患者数は増加の一途をたどった。特に昭和39年に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。