低所得者に対する支援と生活保護制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数403
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会保障制度国民国家

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における社会保障制度とは、国家が主体となり広く・国民・住民生活を保障する制度的仕組みである。そしてそれは、貧困者に対して生活を保障する救貧制度(公的扶助)と、労働者が貧困に陥ることを予防する防貧制度(社会保険)の二大制度を中心に構成されている。
    公的扶助とは、生活困窮者に対して、その生活困窮原因のいかんにかかわらず、国家の責任において経済的な給付を実施する救済制度である。国家責任のもと、最低生活保障水準あるいはそれに近い生活保障水準の不足に対する生活需要を補う目的として、貧困・低所得者を対象に、資力調査あるいは所得調査を課し、貧困・低所得者の請求あるいは申請をもって、給付・貸付を行う制度で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。