精神保健福祉論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数149
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉の歴史として、日本の場合、西欧等に比較し精神障害者を直接的に迫害するといった事実は少なく消極的であったが、精神障害者に対する人権侵害、あるいは偏見や無理解、施設コンクリフトなど地域や社会から孤立してきた。それには、戦後、精神科病院が急速に収容的機能を肥大させ、病床数が増え続けたことにより、精神障害者は精神科病院への隔離・拘禁すべき人として収容され、多くは入院という形で精神医療に預けるという方法がとられてきたことが大きな要因の一つでもある。
    精神疾患はいくつかの特性を持ち、発病の原因が十分に解明されていないこと、生活環境の影響を受けやすく病状が不安定になりやすいこと。結果として入院日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。