精神保健福祉援助技術総論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数83
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者の支援を行うときに知識と技術は必要不可欠であるが、しかし具体的な知識や技術だけを習得すればいいのではなく、知識や技術が導き出される元にある専門職としての共通の視点や理念があってはじめて専門職としての専門性が確立しているといえる。したがって、精神保健福祉士は、次に述べる5つの視点をもって精神障害者を理解し、専門職として支援していくべきである。
    1.精神障害者の人権の尊重
    精神障害者の人権は長年にわたって侵害されてきた。精神障害者は、精神疾患・精神障害のためにその人権が守られていないという現状があり、今なお精神障害者への差別と偏見・誤解が多く見られる。したがって、精神保健福祉士は精神障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。