精神保健福祉援助技術各論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数135
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    多くの精神障がい者は家族と同居しており、家族が有形無形の支援を行って初めて精神障がい者の地域での生活が維持されていることが多い。精神障がい者が安定した地域生活を送るために家族が非常に大きな役割を果たしているにもかかわらず、一連の改革に向けた動きの中で、精神障がい者家族に対しては家族が望むような支援が行われるには至っていない。こうした現状の背景には、精神保健福祉法に規定される保護者の制度があり、その最大の理由は、精神障がい者の人権擁護を担保するために保護者が必要とされているためである。しかし、それを理由として精神障がい者の家族の過度な負担をこのままの形で放置すれば、今後精神障がい者の人たちへ大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。