精神保健学②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数150
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本において、アルコール飲料は人間関係の潤滑油として、また、ストレスを緩和する最も身近な物質として人々の日常生活に密着し、その中で重要な部分を占めるに至っている。しかし一方でアルコール飲料は他の一般物質にはないいくつかの特性を有しており、それ故に種々の健康被害を引き起こし、依存を形成し、生産性の低下、交通事故、犯罪等多くの社会問題に関連している。したがって、飲酒をする人のリスクを最小限にして、社会的にも責任を保つという適正飲酒の考え方の普及を図り、アルコール関連問題を未然に防ぎ、健全な飲酒文化を図ると共に、アルコール依存症者等のアルコール関連問題に見舞われた人々の治療と社会復帰を図ることは、飲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。