社会理論と社会システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数307
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一家あたりの子供の数が少なくなれば、社会全体の子供の数は少なくなり、そのような状況が続くと、高齢者の割合が増加して行く、これが少子高齢化である。
    少子化の直接的原因は、子供を生む女性の減少、初婚年齢の上昇、すなわち晩婚化である。これは、女性の高等教育化、即ち経済的独立に伴う自立が可能となったことにより、女性の晩婚化や非婚化の原因となった。また、社会保障制度の整備により、老後は子供に面倒を見てもらう必要がなくなったために子供を生む必要が減少した。このような変化の背景によるのが子供の価値の変化である。子供は労働力であり、重要な社会的資産だった時代から、社会の発展とともに、徐々に死亡率の低下などから..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。