権利擁護と成年後見制度①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数245
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成年後見制度は、民法を基本とした制度で、精神上の障害によって判断能力が不十分な人の身上監護(日常生活や病院などでの療養監護に関わる法律行為)及び財産の管理(預貯金の管理・払い戻し、公共料金の支払いなど重要な財産の管理・処分)を、本人とともに本人の支援者である成年後見人等が行うことによって、本人の意思や自己決定を尊重しながら本人を保護することを目的とした制度である。言い換えれば、判断能力が不十分であるために法律行為における意思決定が困難な方の判断能力を補う制度であり、最終的には、その方の生命・身体・自由・財産等の権利を擁護することを目指した制度といえる。成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。