生活の変容における社会保障制度のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数535
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1研究課題名
     生活の変容における社会保障制度のあり方について

    研究課題設定の理由
    日本の社会福祉も市区町村における在宅福祉サービスを軸にし、地域福祉の重要性が求められてきた。その様な現状をふまえ、今までの社会保障制度が現代社会に合わなくなり、社会から求められている社会保障制度とはどの様な制度なのか考えていきたい。
     社会保障制度を考える際、現在の社会状況をふまえて常に国民のニーズにあわせた社会保障制度のあり方を考えなければならないと考え、この課題を設定した。
    ②研究課題に関する調査・研究
    1日本の社会保障とは
     社会保障とは本来、個人的リスクである病気・けが・出産・障害・死亡・加齢・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会サービスを給付すること、またはその制度を指すものである。
     これらの社会保障制度を運営、維持するためには、多大な財源が必要であり、財源の一部は税金が支払われ、その他の財源は労働者の収入と企業から支払われる保険料で運営、維持されている。つまり、労働者人口が常に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。